老後の変形性膝関節症を予防する体調管理|早期治療で症状を改善

男女

加齢により発症する病気

膝

変形性膝関節症とは加齢により増える病気で膝の関節が炎症を起こしたり水が溜まったりし、変形して歩行が難しくなります。50歳を超えると増え、特に女性に多く見られます。老化によって軟骨がすり減ることや肥満などが原因で起こります。変形性膝関節症の予防は太ももの筋肉を鍛えたり、肥満の場合は減量を行い、血行を良くすることが大事です。治療には痛み止めを服用したり、外用薬を塗ったり、関節内へのヒアルロン酸注射などがあります。運動療法や温熱療法を行うこともあります。これらの治療で効果を得られない場合には外科的な手術で対応することもあります。骨を切って変形を矯正したり、人工関節に置き換える手術を行うことで回復を目指します。

膝関節は通常は軟骨に覆われており、関節液は粘りのある液体なので痛みを感じずにスムーズに動かすことが出来ます。変形性膝関節症も最初はあまり症状がありませんが、徐々に軟骨が減って関節の隙間が狭まり膝への負担が増えることで関節炎を起こします。更に進行すると膝関節は隙間がなくなり、負荷がかかるたびに骨同士がぶつかって強い痛みが発生します。こうなると日常生活を送るのも困難な状態に陥ります。変形性膝関節症は一度発症すると元に戻すのはとても難しいですが、ひどくならないうちに治療を受けることで症状が進むのを抑えて普通に生活を送れる期間を延ばすことが出来ます。加齢のせいだと治療をあきらめたり、痛みを我慢し過ぎる前に病院に行くことをお勧めします。

女性の体調管理に必要

女の人

女性ホルモンが減少したときに補給するための栄養素として、エクオールが人気があります。女性の体調には女性ホルモンが大きく関与していますので、エストロゲンが不足すると妊娠や月経に影響が出ます。エクオールを補給することで、女性ホルモンと似た働きができるので、体調を整えることが可能です。

もっと詳しく

内臓脂肪を減らすサプリ

女性

ヘラスリムは、内臓脂肪を減らすサプリとして女性ホルモンを補いながら代謝を向上させることが可能です。サプリだけに頼るのではなく、運動も合わせて行うようにし食事もカロリー制限するなど痩せやすい環境に整える必要があります。

もっと詳しく

体に良いゴマの働き

ゴマ

セサミンはゴマに含まれる健康成分で、善玉コレステロールを活性化させ、中性脂肪の値を下げたり、活性酸素を除去して老化を防止する働きがあります。セサミンのサプリメントを取ることで健康効果を実感したという口コミもよく見られます。

もっと詳しく